Skip to content

防音カーペットを買うときの気をつけるべき点とは

防音カーペットを買うときには、中途半端なことで妥協せず、徹底した対策をとるという決意のもとに、商品選びをすることです。騒音問題は深刻になりがちです。引っ越しはそうそう簡単にはできませんから、騒音を感じる方は閉塞状況に陥りがちなものです。防音カーペットを買おうとするということは、騒音トラブルを避けるための第一歩を踏み出したということであり、そうしようとするだけでも半分以上、騒音問題は避けられたものとも言えるでしょう。生活音に気を配る一家である、ということだからです。ただ、騒音トラブルには感情面もかなり影響しますので、出来得る最大の対策をとっていることが示せれば、相手の気持ちも変わる可能性があります。そのため、最大の防音効果が得られる、LL35の選択が望まれます。

防音カーペットには、限界がある

防音カーペットを敷けば、騒音をまったく出さずに済むというものではありません。金属や硬いものをフローリングの床に落としたときのような音は防げます。しかし、子どもがジャンプする音や、かかと落としで歩く音、走り回る音は防ぎようがありません。どんなに床の厚い高級マンションでも、結局音が響き、防音対策をうたっていたため問題となって、工事のやり直しがおこなわれたケースもあります。大事なのは構造やカーペットの厚さではなく、住まい方です。住まい方を気にかけなくて防音カーペットを買おうとすることはないですから、防音カーペットを買おうとするということは、気配りができるということであり、住まい方にも気をつける一家でしょう。しかし、子どもがいる場合は、気をつけていても、騒音が発生する場合があります。

LL35の防音カーペットを敷き詰めていれば

騒音に悩んでいる場合、すぐ引っ越して行けるなら別ですが、そうできない事情があるときに深刻になりがちです。安息の場である自宅で、騒音に悩むという状況であれば、トラブルに発展しやすくなります。それを防ぐための防音カーペットですから、中途半端な商品で妥協せず、最高性能のLL35にするのが望ましいでしょう。騒音に悩む近隣住民から相談された場合、その品質を示す納品書や品質表示タグが示せれば、相手の気持ちは相当変わるはずです。気を使って最大限の対策をしていたという事実だけで、まったく受け取り方が違ってくることが多いです。そのうえで、住まい方にさらに気をつけて行けば、トラブルが深刻化することはまずないでしょう。LL35のカーペットを床一面に敷き詰めることが、最大のトラブル解決策となると言えます。