Skip to content

買って損はない防音カーペットとは

防音グッズにも様々な種類があります。窓に加工を施して外からの騒音を軽減したり、特殊な壁紙を使って音漏れを防いだりと、生活のストレスを減らすには防音はとても大切です。しかし意外と見落としがちなのが、下方向への騒音のケアです。特にマンションやアパートに住んでいると、下の階の住人への気遣いは忘れてはなりません。子どもがいる家庭では足音も大きくなりがちですから、知らず知らずのうちに迷惑を掛けていてもおかしくはないでしょう。そこで登場するのが、今回の主役である防音カーペットです。これを使えば床への音や振動を吸収してくれるので、最小限に下方向への影響を抑えられます。今回はこの防音カーペットについて、その魅力や選び方を中心に触れていきたいと思います。

一体どれほどの実用性があるのか

防音カーペットの見た目は、実は普通のカーペットと区別がつきません。ただ少し厚みがあり、クッション性が高いのが特徴です。防音効果はこの特徴が際立っているほど高くなります。こう聞くと夏場は暑そうだとイメージするかもしれませんが、一般的なカーペットと変わらず使用には問題ありません。洗濯をしても機能性は落ちませんので、特別な気遣いも不要です。安価なものなら1000円台からありますので、手軽に手に入れられるでしょう。実際に使用をしてみると、まず音の響き方が変わることに気付くはずです。下の階への人はもちろんですが、一緒に住んでいる家族にもハッキリと自覚できるほどの変化が起きます。防音シートを敷いたり吸振パッドを併用すれば、更に効果は大きくなります。自分なりに工夫をして、より実用性を高めていくといいでしょう。

目的に応じてサイズや質感も多種多様

カーペットといえば本来一定以上の面積のものがほとんどで、あまりピンポイントに使用することはできません。ところが防音カーペットにおいてはそうではありません。小さいものなら30cm四方から販売されていますので、部屋を選ばず使い方のアレンジにも融通が利くでしょう。中でも人気が高いのは、タイルカーペットです。1枚1枚のタイル状のカーペットはそれぞれ独自に切り離せるため、汚れたり傷んでもその部分だけを交換すれば済みます。子どもがいれば床はよく汚してしまうでしょうから、まさにタイルカーペットは最適です。他にはパンチカーペットも需要が高いです。これは比較的値段が安い不織布カーペットであり、保育園や幼稚園でも用いられています。イベント用に向いているカラフルなデザインのものもありますから、部屋を華やかにするアイテムとしても使えるでしょう。このように機能性とデザインを両立させられるのも大きな魅力ですから、選び方に迷ったら参考にしてみてください。